K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『残波ブラック』"ザンクロ"の愛称で親しまれる泡盛。

通常の営業+毎年恒例の「周年イベント」。

途中、設備の不具合に襲われ、その対応に奔走。

昨日は年一回の健康診断。

選挙もあったし?

 

バタバタしているうちに季節は流れ、夏本番…。

と思いきや、今日もどんより曇り空。

今年の太陽は元気がないな。

 

それでも近所の市民プールが開園し、世の子供たちは夏休みに突入。

まもなくキラキラな夏の太陽が顔を見せるのだろう。

それはそれで、シンドイが…。

 

「夏」と言えば「海」

「海」と言えば「沖縄」?

「沖縄」と言えば「泡盛」だ。

f:id:kimama2016:20180820074242j:plain

泡盛」は沖縄で作られる蒸留酒

焼酎に近いが、多少の違いがある。

 

特徴は…。

  • 米(主にタイ米)を使う。
  • 黒麹菌を使う。
  • 仕込みは1回だけの全麹仕込み(焼酎は2回に分けて行う)。
  • 単式蒸留機で蒸留する。

 

一般的なイメージは「度数が高くて、クセが強い」ってところか。

以前は数種類そろえていたが、今はこの「残波ブラック」だけ。

f:id:kimama2016:20180820074257j:plain

独特のクセのある香り。

口に含むとピリッと来るアルコール感。

とにかくドライで、甘みが全く無い。

泡盛特有のクセはあるが、すっきりはしている。

 

1 : 1 で加水。

悪くない。

クセは残るが、とにかくすっきりと飲める。

あとはこのクセをどう捉えるか。

好き嫌いは分かれそうだ。

 

シークヮーサー原液を加えて見る。

f:id:kimama2016:20181212192136j:image

泡盛5に、シークヮーサー1。

味、香りとも、シークが勝る。力強い。

同時にシークの酸味も中和されて、以外と行けるナ。

夏のおすすめに加えてみるか。

 

・・・・・

 

このお酒には「夏」が似合う。

まぶしい太陽が降り注ぐ「本当の夏」はいつ来るのか?

本当の「夏が来た」ら、生きているまぶしさを実感できるだろうか?

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【泡盛】比嘉酒造 残波ブラック 30度 1800ml瓶
価格:2260円(税込、送料別) (2022/4/25時点)