K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『東洋美人 ippo』新たな一歩を踏み出した蔵がつくる、ワインのようにフルーティなお酒です。

K’s MENU Note

山口『東洋美人 一歩 山酒4号』

 

初夏の陽気になっている。

つい先日まで「この冬はなんて寒いんだろう…」と嘆いていたのが嘘のよう。

ますます日本は「二季」に近づいている気がする。

「夏」と「冬」しか無かったら…。

住みづらいだろうな~。

まさか…

「雨季」と「乾季」だったりして(苦笑)

 

さて、今回はこの季節にキリッと冷やして、ワイン風に飲みたい日本酒を。

東洋美人 一歩 -ippo- 山酒4号

f:id:kimama2016:20180222091102j:plain

東洋美人を造るのは、山口県萩市にある「澄川酒造場」。

2013年7月の豪雨で大きな被害を受けた。

その災害から復旧し、新たな歩みを始めた「一歩」のシリーズ。

酒米の種類を変えて、何パターンか造られている。

今回紹介するのは…

山田錦」と「金紋錦」の交配により生まれた「山酒4号」を使ったもの。

麹米は40%精米の山田錦

掛米は酒母も含め、全て山酒4号を使用。

精米歩合50%。

アルコール度数は16%。

f:id:kimama2016:20180222091117j:plain

テイスティング

これはもう白ワインである。

甘口の白ワイン。

普通にブドウの味と香りと余韻がある。

過去にワインっぼい日本酒にはいくつか出会ったが、これは最強だ。

ワイングラスで出されたらまず日本酒だとは思わないだろう。

米だけでこんな味が出せるとは…。

 

よって日本酒としての評価は分かれるかも。

個人的には、塩味の強いチーズなんかを合わせたいところ。

f:id:kimama2016:20180222091131j:plain

・・・・・

これからの季節「日本酒の注文」は減ってくるだろう。

「食材の管理」も大変になる。

「電気代」は高騰する。

「G」の侵入を防ぐのに神経を削る。

「雑草」とのバトルも始まる。

 

そう考えると…

「乾季」の方が、まだマシなのかなぁ~?

ついこの間まで、

「早く暖かくなれ~」と思っていたのだが…。