K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『山形正宗(山形)』日本酒の王道を目指す酒蔵。

2018年、大晦日

酒ブログも、この記事で〆。

一年間、色々なお酒を書いてきたが、やっぱり日本酒が多かった。

注文が多く、売り切れるスピードが速い。

その都度、銘柄を入れ替えるので、自然と書く機会が多くなる。

 

そして〆も日本酒。

正月に、自分でも飲もうと思って入れた一本。

f:id:kimama2016:20181230090105j:plain

造るのは、山形県天童市にある「水戸部酒造」さん。

全量「純米造り」の酒蔵だ。

f:id:kimama2016:20181230092152j:plain

仕込み水は奥羽山系の伏流水。

ミネラルを多く含んだ硬質の天然水が、シャープなお酒を生み出す。

 

2004年からは、米の自家栽培も開始。

時間と愛情をこめて、品質の良いお米を作る。

 

そんな蔵のビジョンは…

「美しい水田風景を守りたい」

ぜひ、応援したい。

 

今回紹介するのは、山形正宗の定番純米酒

使用米は「出羽燦々

精米60%。

日本酒度+8。

f:id:kimama2016:20181230092040j:plain

常温で。

香りはほとんど感じない。

スルッと口の中に入ってきて、微かに果実様のフルーティーな酸味を感じる。

その後、じわっと旨みが広がって、綺麗に消えていく。

辛さの名残りを余韻に残して。

 

軽く温める。

米の香りがやんわりと立つ。

優しい乳酸のテイストを感じる。

キレが良く、スッと消えていく後味。

正月料理との相性もよさそう。

f:id:kimama2016:20181230092120j:plain

ホームページが充実していて、このお酒に対する杜氏さんの考え方があった。

 

醸造酒の美味しさとは、本質的に甘みがあってこそのものと考える。」

ただ辛いだけではなく、適度な甘みが後ろで支える。

味にボリュームを加え、奥行きや広がりが増す。

辛い中にも旨みを感じる。

そんなお酒が飲みたいのだ。

 

定番酒の酒質が安定して優れていることが、優れた造り手であると考える。」

日々の晩酌に楽しむ定番酒。

手を抜かず、しっかりと安定して造り続ける。

飲む側としては、とても安心感がある。

純米大吟醸とかは、滅多に飲めないのだ。

 

飲み手として、どちらも共感できる言葉だ。

まさに「日本酒の王道を目指す」蔵。

これからも美味しいお酒を造り続けてほしい。

そして美しい風景を守れるよう、願っている。

 

・・・・・

 

これで今年の〆。

最近、小ネタをぶっ込みすぎているので、最後は真面目に書いた。

 

今年一年、お読み頂きありがとうございます。

来年もよろしくお願いします。

みなさま、よいお年を。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

山形正宗 辛口純米 [1800ml] [水戸部酒造] [山形]
価格:2970円(税込、送料別) (2022/4/23時点)