K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『カンパリソーダ』 スタンダードなロング・カクテル。「都会の女」の象徴!?

K’s MENU Note

『CAMPARI SODA』

 

先日ラジオを聴いていたら…

由紀さおりの「カンパリソーダとフライドポテト」 なる曲が流れていた。

調べてみると、原曲は吉田拓郎のものである。

カンパリソーダとフライドポテト

カンパリソーダとフライドポテト

  • アーティスト:吉田拓郎
  • 出版社/メーカー: FOR LIFE MUSIC ENTERTAINMENT,INC.
  • 発売日: 2016/11/16
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

この曲の歌詞には、カンパリもポテトも出て来ない。

解説によると…

カンパリソーダは「都会の女」の象徴。

フライドポテトは「イモ男/田舎者」の象徴だそうだ。

自分(ポテト)と前妻(浅田美代子カンパリ)のことを歌っているらしい。

昭和の哀愁が漂う。

 

せっかくなのでカンパリソーダを作ってみよう。

【スタンダードな処方】

  • カンパリ     30~50ml
  • 炭酸水         適量

タンブラーにカンパリ、炭酸水を入れ、ステア。

オレンジやレモンのスライスを添えたりする。

f:id:kimama2016:20200122102937j:plain

分量はグラスの大きさによって変わる。

炭酸水自体に味が無いので、カンパリが少ないと味がぼやける。

オレンジなどでアップする時よりはリキュールを多くした方が良い。

f:id:kimama2016:20200122102955j:plain

カンパリの甘さが抑えられ、炭酸感と相まってサッパリ飲める。

悪くないが個人的にはもう少し味にボリュームが欲しい。

そんな時には「トニックウォーター割り」がオススメだ。

トニックの甘みと酸味が加わり、味の幅が広がる。

そこにグレープフルーツを加えると別のカクテルになるが…。

kimama2016.hatenablog.jp f:id:kimama2016:20200122103008j:plain

昭和の時代。

「都会の女」の象徴であった「カンパリソーダ」。

流れ流れて時は令和へ。

今、それに代わるお酒と言えば…?

モヒートか?シャンディーガフか??

どうもしっくりこない。

カンパリソーダ

その何とも儚げで味も素っ気もない感じがたまらなくいい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カンパリ 25度 1000ml(1L) 正規
価格:1690円(税込、送料別) (2020/5/14時点)