K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『ジェムソン カスクメイツ』スタウトの樽で後熟。

東京都。外出自粛要請が出た週末。

それ自体の賛否はさておき、飲み屋にとっては致命的だ。

「宴会」はすでに諦めていたが、一般客の来店も見込めないとなると…。

 

それにしても東京都の感染者数が激増している。

オリンピック延期が決まった途端だ。

作為があるのか、ないのか?

それに振り回される一般市民…。

 

小池知事はなんか変わったな。

守りに入ってるというか。

政権にべったりな感じだし…。

そのうち自民党に戻るのだろう。

まぁ、どうでもいいけど。

別に何も期待してないし。

 

おっと失礼。

愚痴っぽくなってしまった。

だんだんコロナブログ化してきたな。

 

さて、今回はこちらのWhiskyを。 

f:id:kimama2016:20200119000849j:plain

アイリッシュWhiskyの代表銘柄「ジェムソン」

今回はその中でもちょっとユニークなものを紹介する。

f:id:kimama2016:20200119000925j:plain

このカスクメイツはスタウト(イギリス式黒ビール)樽で後熟して造られる。

ビール醸造所とのコラボで生まれたもので、その流れは…

  • まず蒸留したジェムソンを樽に入れ熟成する。
  • その樽をビール醸造所に運び、スタウトを造る。
  • その樽を再び戻して、Blendしたジェムソンを入れ後熟。

スタウトを造った樽で後熟することで、複雑な香味が生まれるという。

さて、その味わいは?

f:id:kimama2016:20200119000940j:plain

立ち上がる香りはスタンダード品より穏やか。

口当たりは滑らかで柔らかい。

バニラのような甘みを強く感じる。

クセがなく飲みやすいが「スタウト」はどこに?

 

加水してみる。

甘さの中にフルーティな味わい。

スコッチよりは軽めだが旨みは十分。

ライトに飲めて、しかも旨い。

 

スタンダード品と比べると、全体に角が取れた感じ。

しかし最後まで「スタウト感」は見つけられなかった。

f:id:kimama2016:20200119001140j:plain

f:id:kimama2016:20200119001153j:plain

右がスタンダード品。

kimama2016.hatenablog.jp

・・・・・

飲み屋を取り巻く環境は、ただでさえ厳しさを増している。

そこへコロナの襲撃だ。

今のところ自粛だが、営業禁止になったらさすがに辛い。

協力金もらってもなぁ~

家賃払って終わりだな(涙)

でも下さい。

 

(追記)ネーミングが「スタウトエディション」に変わったらしい。