K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『香取(千葉)』低精白、無濾過・無添加の純米酒。

千葉県というと日本酒のイメージはあまり湧かないが、それなりに酒蔵はある。

ただし名の知れた銘柄は多くない。

ウチの店でも初めて千葉の酒を入れた。 

f:id:kimama2016:20201102213310j:plain

造るのは、香取郡神崎町にある(株)寺田本家

茨城県との県境、利根川沿いに建つ。

創業以来340年以上の歴史を誇り、現当主は24代目。

有名なのは「五人娘」ブランドで、自然の菌で無濾過の酒造りを行っている。

www.teradahonke.co.jp

f:id:kimama2016:20201102213327j:plain

今回の一本は「香取」というブランド。

特徴は「低精白」

最近は高精白の酒が主流だが、米の旨みを活かすため、あえて削らずに仕込んだお酒。

無農薬米のコシヒカリと雪化粧を90%精白

昔ながらの生酛仕込み

自家培養の麹菌を使い、酵母無添加

日本酒度+4、酸度2.6、アミノ酸度2.6。

最近の主流からは大きく外れたスペックだが、果たして…。

f:id:kimama2016:20201102213348j:plain

うっすらとコハクを帯びた色合い。

f:id:kimama2016:20201113123526j:image

立ち香はあまり感じないが、微かに独特の香りが漂う。

口に含むと酸味を強く感じる。

その後に旨みもあるが、独特な味わいで一般的には飲みづらいと感じるだろう。

90%精白で残るいろいろな味を「雑味」ととるか「旨み」ととるかは微妙だ。

 

温めると、独特の香りがさらに強い。

酸が立って、酒質が軽くなり、少し飲みやすくなる。

すっきりするが、その分旨みがやや薄れるか。

 

個人的には常温がベスト。

雑味より旨みを強く感じる。

そして開栓直後より、少し時間が経った方がまろやかになる。

しばらく常温で放置して、味の変化を見てみたい酒だ。

f:id:kimama2016:20201102213405j:plain

・・・・・

ところで…。

ウチの店には千葉県出身の常連さんがいる。

ピーナッツと砂嵐で有名な八街(やちまた)の出身だ。

しかし彼は洋酒党で日本酒は飲まない。

彼がもしもこの酒を飲んだらきっとこう言うだろう。

 

「やっちまったなぁ」

 

八街だけに…。もういいわ。

 

 

「自然酒」

店では売りづらいが、自分ではもう少し試してみたい酒である。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

香取 純米自然酒 90 1800ml / 寺田本家
価格:2464円(税込、送料別) (2022/4/24時点)