K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

ローランドの野原の片隅『オーヘントッシャン10年』

Kimama MENU Note

FILE 6

AUCHENTOSHAN10』

先日、初来店のお客様(男性一名)がいらっしゃいました。ウチは看板では居酒屋をうたっていますので、そのお客様も「軽く飲んで、ちょっと肴をつまんで…」と考えていたようです。最初は生ビールとつまみを3品ほど。その後メニューにウイスキーが多いのに気づいたらしく、暫くメニューを見ていました。そして注文したのが「マッカラン12年」。

聞いてみたところ、たまにBARに行くようで、それほど詳しくはないらしいが、ウイスキーは好きなのだそう。

その後、「もう一杯、おすすめのウイスキーを下さい。あまりクセのないものを。」と言われてお出ししたのが、このローランドモルトオーヘントッシャン10年」。

 

スコットランド南部の地域をローランドといい、かつては多くの蒸留所が稼働していましたが、現在は3か所のみ。ローランドには、スコットランドの首都エジンバラや、大都市グラスゴーがあり、経済的に発展したため、ウイスキー造りの伝統的な技術が廃れたと言われています。

酒質はドライでライト、スッキリとしたものが多いようです。

f:id:kimama2016:20170403203204j:plain

お店にあるのは、10年物の旧ラベル品。ローランド伝統の「TRIPLE  DISTILLED」(3回蒸留)を行っています。(通常は2回蒸留)ちなみにこの変わった名前は、ゲール語で、「野原の片隅」という意味だそうです。

 

そして最近のシングルモルトについて少々懸念があります。ボトルの形態やラベルデザインを変更するブランドが多いことです。しかも殆どが「残念な」変更になってしまっていること。このオーヘントッシャンも旧ラベルの方がモルトらしくて、自分は好きですね。

 

今のはこんなデザインです。

 もっとも残念なのは、「ストラスアイラ」というウイスキー(後日紹介します)「ボウモア」も旧デザインの方がステキです。ボトルのかたちやラベルのデザインまで含めてその商品の価値になると思うので、願わくば変えて欲しくないのです。どうかよろしくお願いします。(あぁ、そしてこれもサントリーか…)