K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『ジョニーウォーカー』世界中で愛される、伝統のスコッチウイスキー。

K’s MENU Note

FILE 58

『JOHNNIE  WALKER』

 

 3回続けて「ブレンデッドスコッチ」の紹介になります。

今回はジョニーウォーカー

 

左の「ブラックラベル12年」(いわゆるジョニ黒)

右の「スウィング」の2種類を置いています。

 

f:id:kimama2016:20170704110357j:plain

 

世界中で愛飲されている「ジョニーウォーカー」ブランド。

1820年に紅茶のブレンド技術を活かしシングルモルトウイスキーのブレンディングを始めたそうです。

ストライディングマン(闊歩する英国紳士)のマークも有名ですね。

 

「ブラックラベル」は、「カーデュ」がキーモルトで、ラガヴーリンなど、12年以上熟成した40種類以上の原酒をブレンド。

 

「スウィング」は重厚なモルトをたっぷり配合した高級品で、船が揺れても倒れないでスウィングする特殊な設計のボトルに入ってます。

 

 

テイスティングして見ます。

 

「スウィング」の方が褐色の色が濃く、粘度が高いです。

 

香りを嗅ぐと、全然違いますね。

「ブラック」は熟した果実のような甘やかな香り、

「スウィング」は熟成を深めたリッチな香り。ちょっとクセがある。

 

ストレートで味をみます。

「ブラック」はちみつやレーズンのような甘みを感じます。

「スウィング」はもっと深くて複雑で上品な甘み。

 

加水すると

「ブラック」はさらにフルーティ感を増します。やや酸味もあるような、リンゴや洋ナシの香り。グレンフィディック12年を彷彿させます。

「スウィング」は熟成香なのでしょうか?「オールドパー」でも感じた独特のクセのある香りを感じます。加水により、より滑らかな口当たり、優しい甘みに変化します。

 

加水が一定量を超えると、「スウィング」は少々間の抜けた味わいになってしまいました。一方「ブラック」は味がスムーズに広がって美味しく飲める。

 

水割りで飲むなら「ブラック」の方が合いそうです。

「スウィング」はじっくりストレートで飲みたいです。

 

 

ウチの店の傾向は…

 

一番出るのは「ハイボール

スコッチでは「シーバスリーガルハイボール」が一番出ます。

 

ウイスキーをストレートなどで飲むお客様は、残念ながら少ないです。

 

店の形態(鉄板焼きのできる居酒屋タイプ)からして、ウイスキーをじっくり味わうような雰囲気ではない。お客様の年齢層も若めです。

 

それでも在庫を増やしているのは、自分が好きだから、ということもありますが、気軽にいろいろなウイスキーを試してもらって、自分の好みを見つけたり、新しいお酒の世界を広げたりして欲しいからなのです。

 

ですので、ウイスキーは全般的に格安で提供しています。

「BAR」のお酒はお高いですからね。

なかなか気軽に楽しむ、という訳にはいかない。

「この価格なら試しに飲んで見ようかな」そんな方が増えると嬉しいです。

 

 

今後も、特にウイスキー初心者の方に興味を持ってもらえるように、そしてウイスキーの魅力を感じて頂けるような提案をしていきたいと思います。

 

ウイスキー上級者はプロのバーテンダーさんにおまかせします(笑)

 

本日もお読み頂き、有難うございます。