K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『一代 弥山 おりがらみ』新酒ならではのフレッシュな味わいだが…。これは「おりがらみ」か??

K’s MENU Note

FILE 136

広島『一代 弥山  純米吟醸 おりがらみ

 

1月最後の週末も思ったよりは盛り上がらず、気温同様に寒い1か月になりました。

早く春になって、人々が冬眠から目覚めるのを願っています。

 

それでも土曜日には「日本酒好き」の若者?4人組がやって来ました。

2~3か月に1回の頻度で来られる常連さん。

その夜は新メニューの「いぶりがっこクリームチーズ」にハマった様子。

スモーキーな漬物とクリーミーなチーズをつまみに、多種多様な日本酒を飲まれました。

 

で、今回紹介するのはその中から「一代弥山 純米吟醸 おりがらみ」なのですが…。

f:id:kimama2016:20180128012244j:plain

 

f:id:kimama2016:20180128012302j:plain

前回の記事で「おりがらみ」について触れました。

今回のお酒も「おりがらみ」。

「おり」を取り除かないので、うっすらと濁っているのが特徴のハズ。 

f:id:kimama2016:20180128012323j:plain

 

ところが…。

 
f:id:kimama2016:20180128090226j:image

ちょっとわかりずらいかも知れませんが、ほとんど濁っていない。

「おり」が全然見当たらない。

これは「おりがらみ」と言えるのでしょうか?

???

 「ラベルを間違えて張ったのでは?」

と疑いましが、ネット検索してレヴューを見ると同様の意見があったので、

「ああ、こういうのもなのだ」と。

 

よく分かりませんが、極々細かい「おり」が入っているのでしょうね。

これで「おりがらみ」と表記するのはいかがなものかと思いますが、

「おりが何%以上」のような決まりはないので、致し方ないところでしょうか。

 

でも、透明な瓶にするとか、商品の特徴が消費者にきちんと伝わるようにしてほしい。

あまりにも想像と異なるものだと「騙された」感が残ります。

お客様にも「おりがらみ」として売りづらいですよね。

ちょっと残念です。

 

気を取り直して、テイスティングして見ます。

原料米は、広島県産の八反錦。

精米歩合60%。

日本酒度+2、酸度1.6。

アルコール度16~17%の、純米吟醸の生酒です。

 

香りは穏やか。微かに吟香が漂います。

口に含むと、まさに「生酒」って印象です。

フレッシュで荒々しい。酸も強めに感じます。

アルコール度も高く、酒質も重いですね。

ただ、キレは決して悪くなく、後味は割りとスッキリしています。

 

・・・・・

 

「一代弥山」を造る「中国醸造」さん。

ホームページを見ると…、

焼酎やリキュール、スパークリングワインからなんとウイスキーまで造ってるとのこと。

「何を」「どこを」目指しているのでしょうか?

キャッチコピーは「伝統と革新で、広島から世界へ」だそうです。

進むべき方向性を間違っていないといいのですが。ちょっと心配です。

 

「新しいことに挑戦する」

それ自体はけっして悪いことだとは思いません。

が、日本酒を造る「蔵」としては、なんとなく違和感を感じてしまいます。

さて、今後の行方はいかに?

kimama2016.hatenablog.jp

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。