K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『みむろ杉(奈良)』「おりがらみ」のフレッシュさ。

みむろ杉、2回目の登場。

ウチの店としては珍しい。

単なる偶然で、特に理由はない。 

kimama2016.hatenablog.jp

今回はこの時期らしく濁り系の「おりがらみ」。

使用米は「山田錦」。精米歩合60%。

純米吟醸の無濾過生原酒。

f:id:kimama2016:20180126005043j:plain

「おりがらみ」とは?

「おり」が「絡んで」うっすらと濁っているお酒のこと。

通常「おり(米の粒子や酵母)」は沈殿するので、澄んだ色の日本酒が造られる。

「おりがらみ」はこの沈殿している「おり」を取り除かずに出荷するもの。

「かすみ酒」とも呼ばれる。

「うすにごり」「ささにごり」なんて言ったりもする。

 

旨味を残す分、雑味も残るので、酒質は重くなる。

米の旨味がより感じられ、濃厚な味わいに。

好きな人ははまってしまう危険?のあるお酒だ。

 

しかも今回のお酒は「無濾過」で、火入れしていない「生原酒」

酵母」が生きているので、発泡感もある。

これは楽しみな一本だ。

 

今回は一升瓶を2本仕入れたのだが…

「濁り系マニア」の常連さんがいて、あっという間に残りわずか…。

f:id:kimama2016:20180126005127j:plain

かなり濃いめの「おりがらみ」。白濁感が際立つ。

先日降った雪を思わせる白さだ。

 

試飲。

甘~いフルーツのような香り。

ぴりっとした口当たり。

フレッシュな酸を感じたあと、ジューシーな甘みがやってくる。

イキイキとした躍動感のあるお酒。

 

酒質は、とっても濃くて厚みがある。

いろいろな味を感じる。

果汁みたい。いや、果実そのもののよう。

アルコールも強く感じられる。

表示は16度だが、瓶内発酵でもう少し高くなってる??

 

個人的にはとてもおいしいが…、

「淡麗辛口」のような日本酒が好みの人にはおすすめできない。

 

・・・・・

 

毎日、寒い日が続く。

老体にはなかなかこたえる寒さだ。

 

こんな時はせめて懐具合があったかいといいのだが…。

あまりの寒さでお客様の足も遠のく。

この週末は給料日の後になるし、少しは期待できるかな。 

そう言えばナントカ?フライデー?(死語?)

  

春の訪れを心待ちにしつつ、飲み屋は今日も営業中。