K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『アプリコットブランデー』芳醇な杏子リキュール。

プロ野球

各球団の「戦力外通告」が始まった。

仕方ない面もあるが、ちょっと辛い。

 

埼玉西武ライオンズ多和田真三郎という投手がいる。

2015年のドラフト1位。

2018年に16勝を挙げリーグ最多勝

オリックスにとっては天敵で、手も足も出なかった。

「なぜ同じピッチャーに何度もやられるのか?」

腹も立ったし、当時は顔を見るのもイヤだった。

 

しかし翌2019年は1勝6敗と大失速。

その後、頻脈性不整脈と診断され、自律神経失調症も患う。

球団との契約は一旦保留となっていたが、今年の7月に支配下登録。

「病気が良くなったのかな?」

天敵とは言え、これは嬉しいニュースだった。

 

が、数日前、来期の構想外が発表されてしまった。

「やはり難しいのだろうか?」

と思ったら、どうやらプレッシャーの少ない育成契約になるようなので、ひと安心。

 

さて、今回はこちらのお酒。

f:id:kimama2016:20201102214124j:plain

アプリコットブランデーには大きく2つの種類がある。

  • ぶどうの代わりにアンズを用いて作ったブランデー。
  • スピリッツにアンズを漬け込んで作ったリキュール。

今回紹介するボルスのアプリコットブランデーは後者。

ブランデーと付くが、ブランデーではない

アンズの果汁で作ったリキュールだ。

f:id:kimama2016:20201102214139j:plain

アルコール度数は24%。

オレンジジュースやジンジャーエール、ミルク割りなどで提供する。

またショートカクテルの材料としても使う。

テイストは「杏仁」風。

アンズの種から作るリキュールアマレット」にも近いが、より果実感が強い。

f:id:kimama2016:20201102214156j:plain

・・・・・

自律神経の不調。

私も今年から苦しんでいる。

 

野球で言えば「ムネリン」こと、川崎宗則選手も同様の病でNPBを去った。

しかし彼は現在、独立リーグでプレーを続けている。

多和田選手はまだ27歳。

病気とうまく付き合いながら、いつかマウンドに戻って来ることを願っている。

オリックス戦はお手柔らかに(笑)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ボルス アプリコット ブランデー 24度 700ml
価格:1078円(税込、送料別) (2022/5/16時点)