K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『れんと』クラシック音楽を聴かせて熟成させる「音響熟成」が特徴です。

K’s MENU Note

FILE 17

黒糖焼酎『れんと』

 

 昨夜は初(じゃないかも?)来店のカップルが来ました。

最初に生ビールを飲んだ後は、二人ともひたすらこのお酒、黒糖焼酎れんとの水割りを飲み続けました。

 

f:id:kimama2016:20170421001907j:plain

 

黒糖焼酎とは?

鹿児島県の奄美群島だけで造られるお酒。

サトウキビからとれる黒糖と米麹が原料です。

サトウキビを原料に焼酎造りが認められているのは日本では奄美群島だけ。

その他の地域で造ると酒税法上「リキュール類」になるようです。

 

そして黒糖が原料でありながら、糖質ゼロ!  

本格焼酎は他のお酒に比べると、比較的からだにやさしいものが多いようです。

 

「音響熟成」とは?

「れんと」は「音響熟成」という独特の製法で作られます。

 

f:id:kimama2016:20170421003545j:plain

 

蒸留したあと、3ヶ月間、クラシック音楽を聴かせる?そうです。

緩やかな振動を与えることで熟成が進み、飲み口がまろやかになるとのこと。

実際、どの程度の効果があるのかは分かりませんが…、

他の黒糖焼酎よりはマイルドですっきりした、飲みやすい印象を受けますね。

 

・・・・・

 

そのせいでしょうか、カップルで飲んだ「れんと水割り」なんと合計17杯

「最近、本格焼酎はあまり出ない」と書きましたが、早くも訂正させられそうです。

 

そして、女性の方が最後に注文されたお酒が、ショートカクテルダイキリ

 なるほど、和から洋へ、日本から中南米への「サトウキビ」つながりですね

飲む量は別としても、面白い展開だと思いました。

 

でもこの2種類のお酒を飲むとしたら、普通は2件のお店をハシゴですよね。

両方ある(メニューに載っている)店って、そう無いでしょ。

お酒の品揃えを半分趣味でやっているので、こういうことが起きます。

ある意味、カオスなのですが、それが楽しみでもあります。

すべてのお酒を、愛してますので。

 

カクテル「ダイキリ」については次回書く予定です。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。