K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『赤兎馬 紫』紫芋を使った季節限定品。通常品と飲み比べて見ました。

K’s MENU Note

FILE 153

芋焼酎赤兎馬 紫』

 

今日から新年度がスタート。

「春」は変化の季節。環境が変わる方も多いのでしょうね。

また、気温が上昇して活動的になる。

生物的には「のっこみ」って状態かしら?違うか(笑)

 

そして飲み屋は特に何も変わりません。むしろちょっと落ち着きます。

確定申告が終わり、宴会の山を越えて、ちょっと一息つく所です。

 

今回は、先日久しぶりに来店されたお客様が注文された焼酎を。

赤兎馬 紫」

f:id:kimama2016:20180331085413j:plain

 (照明の影響で色がうまく出ませんでした。実際のラベルはもっと紫です。)

 

原料に鹿児島県産の「黄金千貫」と「頴娃紫(えいむらさき)」という芋を使っています。

白麹で常圧蒸留。

季節限定品のようだが、大体いつでも買える気がします。

 

 

テイスティングして見ます。 

ここはやっぱり通常の赤兎馬との飲み比べを。

 

香りは「紫」のほうが強いですね。

すっきりとした香りが印象的。

 

味を見ます。

「紫」はドライでシャープ、すっきりした味わい。

「通常品」は柔らかくて円やかな口当たり。フルーティーさもあります。

 

水を加えてみます。

「通常品」は水で割ると、優しい味の分、インパクトが弱くなる。

できれば何も加えずに味わったほうが、良さを感じられそうです。

 

「紫」の方は、シャープさが和らぎ、滑らかさが増して美味しく感じられます。

「紫」は温めても美味しい。すっきりして軽快。

軽めの酒質で飲みやすいが、味わいもしっかり残る。

いろいろな変化が楽しめそうです。

 

例えて言うならば…。

「通常品」は、優しくて女性的、ピュアで素直な印象のある、有村架純さん。

「紫」は、ちょっとクールでドライに見えるが、実は懐が深い、桐谷美玲さん。

 

自分の好みは…。

元気な時に飲むなら桐谷美玲さん。

癒されたい時なら有村架純さん。

 

 

……相変わらずゲスな表現でごめんなさい。

 

 

自分も「のっこみ」でしょうか?

 

……重ね重ね失礼しました。

 

f:id:kimama2016:20180331085430j:plain

 

f:id:kimama2016:20180331085443j:plain

 

kimama2016.hatenablog.jp

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。