K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『高千代(新潟)』無調整の生原酒をひと夏熟成。

10月になった。

酒税法が改正になり、一部の酒類の税金が変わる。

詳しく知りたい人は自分で調べておくれ。

 

日本酒は1800mlあたり18円の減税になる。

これで日本酒の消費が盛り上がるとは思えないが…

それでも「減税」のイメージはポジティブだ。

 

さて、今回はこちらの日本酒を。 

f:id:kimama2016:20201001101933j:plain

造るのは、日本有数の米どころ、新潟県南魚沼市に蔵を構える高千代酒造(株)

高千代の特徴は自社精米

しかも通常の精米よりも時間のかかる「扁平精米」という方法で削られている。

ザックリ言うと「米の形に添って削る」方法。

過去の記事でも触れている。 

kimama2016.hatenablog.jp

f:id:kimama2016:20201001101952j:plain

今回の一本は…

無調整生原酒のまま、低温でひと夏を越した「秋あがり」

美山錦を65%まで精白。

日本酒度+19、酸度1.5の、超辛口純米酒

原酒なのでアルコール度数は18度と高めだ。

f:id:kimama2016:20201001102006j:plain

f:id:kimama2016:20201001102025j:plain

甘い米の香りが漂う。

口に含むと、圧倒的なボリューム感が襲ってくる。

「濃いな~」という印象だが、後口は案外スムーズ。

「辛い」というイメージは薄く、余韻に残る程度。

重量級のお酒で、たくさん飲むのはちょっとしんどい。

 

軽く温める。

大きな変化は無いが、味、香りとも米感が増幅する。

多少は軽くなるので、温の方が飲み疲れしない。

 

どっちにせよヘビー級のハードパンチャーなので、一般の人には勧めづらい。

f:id:kimama2016:20201001102043j:plain

・・・・・

当たり前だが、税金は安い方がいい。

しかし今回のコロナ騒動で、国の財政もかなり棄損した。

社会保障費も増大する一方だ。

増税は望まないが、ある程度は致し方ない。

せめて「庶民にやさしい税体系」になることを願うばかりだ。

 

それ以前に「税金の無駄遣い」をやめろ~

「縦割り行政」をやめろ~

大統領は感染するな~

???