K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『竹鶴 純米酒』ご存じ「マッサン」の生家で醸される、まろやかで旨みの乗った純米酒。

K’s MENU Note

広島『竹鶴 純米酒

 

人生で一度は訪れてみたい場所がある。

広島県の竹原だ。

f:id:kimama2016:20210213105824j:plain

レトロで美しい街並みに心惹かれる。

アニメやうさぎに興味はない。

 

その竹原市に蔵を構えるのが竹鶴酒造(株)。

ニッカウヰスキーの創業者、「マッサン」こと竹鶴政孝の生家である。

f:id:kimama2016:20201218120004j:plain

創業は1733年。

自然の恵みを生かす酒造りがモットーで、早くから純米造りに力を入れている。

f:id:kimama2016:20201218120037j:plain

今回の一本は定番の純米酒

精米は70%。

他のスペックは不明だが、酒度+10前後、酸度2.0前後と思われる。

f:id:kimama2016:20201218120054j:plain

このお酒は2~3年の熟成を経て出荷されるらしい。

薄っすらとコハク色。

f:id:kimama2016:20210205115830j:image

熟成香が立つ。

口当たりは円やかでなめらか。

旨みがのって艶のある酒だ。

それでいて軽快でふわっと消える。

 

ぬる燗で。

まったりととろける口当たり。

旨みはさらに深まる印象。

 

熱燗で。

さらに軽くすっきりする。

飲みやすいが旨みはやや薄れる。

常温~ぬる燗がベストか。

f:id:kimama2016:20201218120113j:plain

・・・・・ 

国内には行ってみたい場所が、まだ山ほどある。

もちろん海外にもあるが、こちらは何かと難しい。

コロナも然りだが、それ以前に私は飛行機が怖い。

空を飛ぶ意味が分からない。

 

だからせめて国内は…

路線バスに乗って飲食店を探したい。

 

って、バスサンドかっ!?

 

もういいわ。