K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『ラスティネイル』深い旨みの重量級カクテル。

すったもんだあった東京五輪

開幕してみれば(予想外の?)日本勢メダルラッシュ

世間は大いに盛り上がっている。

 

さて、今回はこちらのカクテル。 

f:id:kimama2016:20210611080120j:plain

【スタンダードな処方】

氷を入れたロックグラスにスコッチとドランブイを注ぎ、軽くステア。

比率は【 1 : 1 】【 2 : 1 】【 3 : 1 】など様々。

今回は【1 : 1 】で調製してみる。

 

使うお酒はこちら。 

f:id:kimama2016:20210611080054j:plain

スコッチはDewar's12。

銘柄の指定は特にない。

ドランブイスコッチWhiskyをベースに造られたリキュール(別記事で詳しく)。

f:id:kimama2016:20210611080106j:plain

名前の意味は「錆びた釘」

色合いからだろうか?

響きはいいが意味はビミョーだ。

磨けばまた光るとも言えるが。

f:id:kimama2016:20210611080136j:plain

複雑な薬草の香り。

甘みが強く、ずっしり濃厚な味わい。

口当たりはなめらかで、じわっと染み入る旨みあり。

アルコール感は強い。

 

このカクテルは時間をかけてじっくり味わいたい。

雰囲気もテイストも、残念ながら夏向きではない。

f:id:kimama2016:20210611080150j:plain

・・・・・

日本勢のメダルラッシュの要因だが…

  • 自国開催の有利さ。
  • コロナが酷かった国の選手の調整不足。
  • 日本選手のレベルアップ。

と、まぁ色々あるのだろうが、それにしてもやけに多い。

これだけ多いとメダルに対する思い入れがやや薄れる

苦労してやっと獲れた1個のメダル。

そこに最大の感動が生まれる。

 

思い出すのはトリノ五輪

唯一のメダルが荒川静香の金メダル。

銀も銅もナシのただの1個。

これには日本中が歓喜した。

老いも若きも「イナバウアー」の真似をした(?)

たくさん獲れるのは良いことだが、イマイチ感動が薄い。

(個人の感想なのでご容赦を。)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リキュール ドランブイ 750ml (74150) liqueur カクテル(32-2)
価格:2288円(税込、送料別) (2022/6/10時点)