K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『ベネディクティン』フランス産の薬草リキュール。

「カルダモン」というスパイスをご存じだろうか?

カレー粉の主原料のひとつで「スパイスの女王」とも呼ばれる。

レモンのような清涼感のある香りが特徴。

以前「香草系のリキュールに癒される」と書いたが…

このスパイスの香りにもかなりの癒し効果がある。

 

さて、今回はこちらのお酒。  

f:id:kimama2016:20210603145504j:plain

ブランデーをベースにした香草系リキュール

起源は1510年。

フランスノルマンディー地方にあったベネディクト修道院

ここでで作られていた「長寿の秘酒」が原点。

フランス革命で院は閉鎖、レシピは消失したが、その後復元に成功。

1863年に製品化され販売されている。

f:id:kimama2016:20210603145532j:plain

27種類のハーブ、スパイスを使い、2年あまりの歳月をかけて作られる。

アルコール度数は40度で、カクテルの他、製菓用としても使われている。

 

BENEDICTINEを使ったカクテルの記事。

kimama2016.hatenablog.jp 

f:id:kimama2016:20210603145544j:plain

ちなみにラベルの「DOM」は…

「Deo Optimo Maximo(ディオ・オプティモ・マキシモ)」の略。

ラテン語「至善至高の神へ」の意。

ベネディクト修道院でよく使われた祈りの言葉だとか。

f:id:kimama2016:20210615200233j:plain

グラスに注ぐと、やや薄めの褐色。

ブランデーの香りと香草の香り。

何か柑橘系のさわやかな香りもある。

オレンジ?レモン?

味わいは甘くしっとりした舌ざわり。

濃厚でふくよか、深みのある旨み。

どちらかと言うと芳醇な果実系リキュールを思わせる。

余韻にオレンジがほのかに香る。

f:id:kimama2016:20210615200248j:plain

アルコール度数を感じさせない優しい飲み口。

デザートやスイーツの代わりに、ストレートでチビチビやるのも悪くない。

・・・・・

余談だが、カルダモンは世界で3番目に高価なスパイスらしい。

それより高いのは、バニラとサフランだけ。

f:id:kimama2016:20210721115805j:plain

わずか11gで398円(税別)。

確かに高いな…。

 

こりゃあ、カルダモンを栽培すれば儲かる(ん)だも~ん!

 

って、最後の最後にダジャレか〜い!