K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『鏡山 純米吟醸』蔵の町、小江戸川越に復活した酒蔵。米の旨みが濃厚です。

K’s MENU Note

FILE 116

埼玉『鏡山  純米吟醸  生酒

 

今、相撲界はいろいろあって揺れています。

それでも白鵬は揺るがずに40回目の優勝。おめでとうございます。

今回の騒動があって久しぶりに相撲を見たら、知らない力士が大勢いました。

あれ?把瑠都は?琴欧州は?(冗談です)

大きな変革の時期に来ているのと同時に、世代交代の時期なのかも知れませんね。

 

・・・・・

 

で、ニュースを見ていると「鏡山親方」という方が、時々登場してます。

調べて見ると、元関脇「多賀竜」とのこと。

名前は聞いたことがあるが、容姿は思い出せません。

幕内で1回優勝しているようです。

 

・・・・・ 

 

そんな前振りをしておいて、今回紹介するお酒がこちら。

埼玉県、川越のお酒「鏡山」です。親方とは、たぶん無関係です。

後ろに写っている焼酎「川越」も無関係です。

f:id:kimama2016:20171124005858j:plain

 

小江戸のお酒「鏡山」とは?

かつて川越には明治8年に創業した「鏡山酒造」がありました。

しかし平成12年に廃業してしまいます。

小江戸と呼ばれ栄えた蔵の町『川越』に酒蔵が無いのは寂しい」

ということで有志が集まり、復興プロジェクトがスタートします。

そして平成19年に「小江戸川越酒造」が小さな規模で創業しました。

蔵の町に酒蔵が復活したのです。

 

テイスティングして見ます。

今回のお酒は、純米吟醸の生酒です。

使用米は山田錦精米歩合50%。

その他のスペックは非公開です。

 

立ち香は穏やか。鼻に抜ける米の香りが印象的です。

ジューシーで甘みたっぷり。濃厚な酒質。

フルーティーな感じは思ったより少ないですね。

米の主張が強いです。米の旨みが広がります。

後味は割りとすっきり。しつこさはありません。

f:id:kimama2016:20171124005703j:plain

新しい蔵で規模も小さめ。

まだあまり知られていませんが、これからに注目したい蔵のひとつです。

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。