K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『ペルノ』『シャルトリューズ』香草系リキュール。

香草系リキュールが続いた。

この流れで紹介したいお酒がある。

f:id:kimama2016:20171206001210j:plain

左が「ペルノ」

アブサンという酒があった。

ニガヨモギ、アニスなどのハーブで造る、アルコール度数70度のリキュール。

原料の「ニガヨモギ」に幻覚作用があり、販売が禁止される。

その代替として生まれたペルノ。

アニス、スターアニスコリアンダーなど15種類のハーブから造られる。

フランス産でアルコール度数40度。

f:id:kimama2016:20171206001333j:plain

水を加えると色が変化するのが特徴。

f:id:kimama2016:20171206001539j:plain

 そのままだと透明。

少し黄緑がかっている。

f:id:kimama2016:20171206002227j:plain

水を加えると、濁った色に変化。

 

ペルノ 5 : 1 水で作る「ペルノウオーター」が定番。

オレンジやパインジュースとの相性も良い。

ショートカクテルでも、ペルノを少量加えるものが多く存在する。

 

もともとは色々なカクテルを作りたくて入れたのだが…

主張が強すぎて一般向けのカクテルに仕上がらない。

それで、メニューに載せられない。

だから全然減らない(苦笑)

 

・・・・・

 

次にシャルトリューズ

同じくフランス産の香草系リキュール。

製造方法は秘密で、シャルトリューズ修道院の修道士3人だけが知っているらしい。

一部だけ公開されたレシピによると…

ブランデーをベースにアンゼリカ、シナモンなど130種類のハーブを加える。

その後、樽で熟成(3~10年)

さらに5回の浸漬、4回の蒸留を経て作られるとのこと。

 

オレンジやトニックで割るロングカクテルが一般的。

「アラスカ」など、ショートカクテルにも多く使われる。

f:id:kimama2016:20171206002546j:plain

大きく分けて「ヴェール(緑)」「ジョーヌ(黄)」の2種類。

(店には「ジョーヌ」のみ)

ヴェールはスパイシーで辛口。アルコール度数55度。

ジョーヌは蜂蜜のテイストが強く、甘口。アルコール度数40度。

 

味はとても甘い。香草の香りもあるが、蜂蜜様の甘さが際立つ。

食後にショットで飲むか、さっぱり飲むなら炭酸系で割ると良さそう。

 

「ペルノ」の後では、こちらはなんとも安心して飲めるお酒だ。

そしていつも以上に美味しい(苦笑)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ペルノ (パスティス) 40度 700ml 正規
価格:1813円(税込、送料別) (2022/5/16時点)