K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『手取川(石川)』果実感たっぷりのジューシーな酒。

忘年会シーズンも真っ只中。

2週目の週末を終えて、ひとやま越えた感じだ。

忘年会はひどく疲れる。

飲み方が激しいし、とにかく荒れることが多い。

無事に終わるとホッとする。

そんな疲れた心と身体に染み入る一本。

f:id:kimama2016:20171210085859j:plain

造るのは、石川県白山市にある(株)吉田酒造店

手取川の他に「吉田蔵」というブランドも造っている。

今回の一本は…

使用米は「石川門」、精米は麹米50%、掛米55%。

日本酒度±0、酸度1.4。

一回火入れの純米吟醸酒

f:id:kimama2016:20171210091232j:plain

フルーツ感たっぷりの芳醇な甘さ。

まさに「完熟りんご」を思わせるような果実感。

最初に舌にピリっと来る感じがある。酸?

これが甘ったるくなりすぎるのをうまく調整している印象。 

f:id:kimama2016:20171210091300j:plain

・・・・・

宴会が終わって、おちょこに一杯だけの味見。

あぁぁ、疲れた心と身体に染み入る。

そして…。

ガムシロップを飲む大門未知子の気持ちがわかる瞬間だ。

 

いよいよ「ドクターX」も最終回か。

なんか短くないか?

でも、このちょっと物足りないくらいで終わるのが、いいのかも知れない。

 

今年の忘年会も残りわずか。

しっかり準備して、トラブルのないようにしたい。

「私、失敗しないので。」

…そこまでは言えないが…。