K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『フランジェリコ』ヘーゼルナッツのリキュール。甘く香ばしい風味が類い稀なる一本。

K’s MENU Note

『Frangelico』

  

秋も深まってきた。

冬ももう目の前…、にしては気温が高めである。

今年は「エルニーニョ現象」が発生していて暖冬になるとの予報も…。

 

そのほうが身体は楽だが、東京は雪が降りやすくなる。

過去の大雪はたいてい暖冬の時。

最近は極端な気候になることが多いので、ちょっと心配。

数年前の悪夢が頭をよぎる。

 

・・・・・

 

さて、今回紹介するのは、秋にピッタリのリキュール。

フランジェリコ

f:id:kimama2016:20181111233413j:plain

どんなお酒か?

1978年、イタリアのバルベロ社が売り出したリキュール。

ピエモンテ州で収穫された「ヘーゼルナッツ」が主原料。

 

17世紀に伝説の僧侶「フランジェリコ」が造ったお酒。

それがこのリキュールの起源とされている。

ナッツ類を主原料とするリキュールとしてはかなり歴史がある。

アルコール度数は20%。 

f:id:kimama2016:20181111233435j:plain

テイスティング

ストレートで。

甘く香ばしい、ナッツの風味が漂う。

お酒なのだが…、

ほとんどスイーツに近い感覚。

 

秋の夜長…

読書や音楽に耽りながら…

ショットでちびちびやるにはもってこい。

 

ミルク割りもいけるが、個人的にはストレートがおすすめ。

度数も20%なので、比較的安心して飲める。

そのまま飲むと、ナッツの風味が存分に感じられて、ホントに美味しい。

50のおっさんが飲んでも旨いのだ(笑)

f:id:kimama2016:20181111233456j:plain

店にあるのは旧ボトル。

現行品はこんな感じ。

f:id:kimama2016:20181111235314p:plain

ボトルは同じだが、ラベルが変わっている。

やっぱり旧ボトルのほうがいい。

 

それにしても、イタリアのお酒はボトルデザインが凝っている。

ディサローノにガリアーノ、ルクサルドにノチェロ…。

センスに加え、ちょっとした遊び心を感じさせるものが多い。

 

・・・・・

 

さて、今年も残り1ヶ月半ほど。

平成最後の年末年始はどんな風景になることやら。

おいしいお酒を飲みながら、平穏無事に過ごせたら本望だ。 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フランジェリコ 20度 700ml 並行
価格:1674円(税込、送料別) (2018/12/3時点)