K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『ビッグ・アップル』アップルジュースを使った一杯。

私は朝食は「パン派」だ。

主にチーズや野菜をのせて食べる。

ジャムなど、甘い系は好まない。

しかし最近、気に入っているものがある。

それがこれ。

f:id:kimama2016:20200811080706j:image

アヲハタの「アップル&シナモン(レーズン入り)」

f:id:kimama2016:20200811080719j:image

味を一言で表すなら

「アップルパイの中身」

これが実にうまい。

食パンよりバゲットが合う。

f:id:kimama2016:20200811080732j:image

カリッと焼いたバゲットにたっぷりのせて食す。

至福のひとときだ。

 

という訳で、少々無理やりだが、今回はこちらのカクテル。 

「ビッグ・アップル」はニューヨーク市のニックネームでもある。

その由来には諸説あるので割愛する。

f:id:kimama2016:20200824170230j:plain

【スタンダードな処方】

  • Vodka     45ml
  • Apple Juice     適量

氷を入れたグラスに注いでステア。

 

使うお酒はこちら。

f:id:kimama2016:20200824170124j:plain

スピリッツを果実のジュースで割る。

シンプルな作りのカクテルだ。

f:id:kimama2016:20200824170139j:plain

なお、アップルジュースをオレンジに変えるとスクリュードライバー

グレープフルーツに変え、でスノースタイルを施すとソルティドッグ

Vodkaをフレーバードのズブロッカに変えると「シャルロッカ」

それぞれ別のカクテルになる。

シンプルだけにバリエーションも豊富。

f:id:kimama2016:20200824170156j:plain

Vodkaは不思議なお酒だ。

自己主張はしないが、果汁と合わさることでそのポテンシャルを発揮する。

強いアルコール感でカクテルを下から支える。

甘いジュースをグッと大人の飲み物に変身させる力を持っている。 

f:id:kimama2016:20200824170215j:plain

・・・・・

シンプルな作りのカクテルだが知名度は低い。

思うに「ビッグ・アップル BIG APLLE」というネーミングが良くないのでは?

そこで提案だ。

ここは流行りモノにのっかって「BBAB」としたらどうか?

 

えっ!?

 

まさか…

 

PPAP」??

 

…ビミョーに古くね!? 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スミノフ ウォッカ レッド 40度 750ml 正規
価格:977円(税込、送料別) (2022/6/5時点)