K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『ど辛 純米』秋田「Next5」の一角。ストレートなネーミングが光る、超辛口純米酒。

K’s MENU Note

秋田『ど辛 純米』

 

1年半ほど前から、平日のみだが「ランチ営業」をしている。

コロナの影響で夜の客が減る中、まあまま順調だ。

ランチは夜と違って、ピークが短い。

昼12時からわずか15分ほどの間に、来店客の約9割が集中するのだ。

ここで企業の方々にお願いである。

混雑緩和のために「時差出勤」ならぬ「時差昼休み」を導入して頂きたい。

 

例えば、30分ずつずらして5~6組に分けて休憩を取る。

すると飲食店やコンビニの混雑は緩和し、濃厚接触=感染のリスクは下がる。

店側も集中しないので助かる。(こっちが本音だが…)

お互いにハッピー。WIN-WINだ。

工場などを除いてメリットは大きいのではないか。

ぜひ検討して欲しい。

そしてコロナが収まっても続けて頂きたいのである

・・・・・

さて、今回はこちらの日本酒を。

f:id:kimama2016:20200307163406j:plain

造るのは、秋田県の山本合名会社。

創業は明治34年

秋田「Next5」の一角である。

f:id:kimama2016:20200307163435j:plain

今回はストレートなネーミングが光る「ど辛」。

使用米は秋田県湯沢市産の「ぎんさん」。

精米歩合は65%。

日本酒度+15の、超辛口純米酒

平成20年に蔵で発見された「セクスィー山本酵母」で仕込んだとのこと。

さて、どんな味わいか?

f:id:kimama2016:20200307163459j:plain

甘い米の香りが微かに広がる。

口に含むと米を感じる。

旨みもあって「超辛口」とは思えない。

確かにスッキリしてキレもいいが、単に「辛い」とはちょっと違う気がする。

 

軽く温めると米の香りが一気に立つ。

米の含み香が心地よい。余韻でも米が主張してくる。

酸が立って、辛さやスッキリ感はより強く感じられる。

 

全体には「米」の印象が強く残る味わいだ。

f:id:kimama2016:20200307163531j:plain

・・・・・

「時差出勤」や「テレワーク」…。

コロナを機に構造的な変革が起きようとしている。

それは良いことなのだろう。

しかし…。

喉元過ぎれば…ではないが、コロナが落ち着いてしまえば、結局元に戻りそうな気がする。

日本人っぽく「そんなこともあったな~」みたいにね。

 

コロナが収まっても良いものは続けて欲しいと願っている。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

☆【日本酒】白瀑(しらたき)純米酒 ど辛 1800ml
価格:2400円(税込、送料別) (2020/4/19時点)