K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『澤屋まつもと 純米酒』伝統を守り、新しい感性をもって、新境地を創造する蔵。

K’s MENU Note

京都『澤屋まつもと 純米酒

 

高校野球、いよいよ決勝戦

世の中は「金足農」フィーバーに沸いている。

 

103年振り秋田県勢の決勝進出。

県立高校で選手全員が秋田県出身。

県予選から選手交代を一切していない。

のけ反りながら全力で歌う校歌

そして、キラキラの吉田君の笑顔

 

……と、話題満載の金足農業

 

こうなると…。

大阪桐蔭はやりづらいだろう。

甲子園は異様な雰囲気になりそうだ。

大阪桐蔭ならば、そんな空気に飲まれることはないと思うが…。

記憶に残る、すごい決勝になりそうな気がする。

 

・・・・・

 

今回は「大阪」のお酒をと思ったが、やっぱり在庫ナシ。

またまた近くのよしみ?で京都のお酒を。

 

「澤屋まつもと 純米酒

f:id:kimama2016:20180820073132j:plain

f:id:kimama2016:20180820073148j:plain

造るのは、京都府伏見区にある「松本酒造」さん。

1791年に「澤屋」として創業。

1949年に「松本酒造」に改名。

そしてブランド名が「澤屋まつもと」となる。

200余年に及ぶ歴史を承継しつつ、新しい技を探求している蔵。 

f:id:kimama2016:20180820073204j:plain

澤屋まつもとの基本となる今回の純米酒

使用米は「五百万石」。65%精米。

日本酒度+7、酸度1.2。

アルコール度数は14度。

f:id:kimama2016:20180820073216j:plain

テイスティング。 

とてもきれいな酒質。

クリアな口当たりで、爽やかな印象。

辛口ですが穏やかな膨らみがあって、飲み飽きしないお酒。

自然と杯が進んでいく。

 

アルコール度数も気持ち低めで、安心して飲める一本だ。

 

・・・・・

 

さて、今日の決勝も気になるが、吉田君の進路も気になる。

大学進学という報道もあったが…。

 

プロに行くならオリックスに来ないかなぁ。

こういうスター性のある選手が欲しい。

 

でもオリックスは高卒のピッチャーが育たない。

現役では西勇輝投手菰野高)くらい。

そういえば今回の大会で、ガッツポーズを注意された創志学園の西純矢投手。

オリックス西投手の、遠い親戚らしい。

 

過去の人を見渡しても…

スローカーブを武器に170勝以上あげた、星野伸之旭川工業)くらいしかいない。

 

知らない?

 

……どうも最近ネタが古いな…(汗)

 

・・・・・

 

プロで活躍できる人はごく僅かだと思うが…

甲子園を沸かせた選手が、さらに成長してプロで輝く。

そんな姿が見られることを期待している。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

澤屋まつもと 純米酒 1800ml 松本酒造 日本酒 地酒 京都府 伏見
価格:2530円(税込、送料別) (2020/5/12時点)