K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『想天坊 じゃんげ』超辛口生詰めの限定酒。ストレートな味わいは〇〇〇を彷彿させる。

K’s MENU Note

FILE 211

新潟『想天坊 別仕込 じゃんげ 超辛口生詰』

 

スマホ撮影、季節の日本酒シリーズ第5弾。

ついにシリーズ化したか!?

 

新潟県長岡市にある「河忠酒造」さんが造る限定酒。

「想天坊」の別ブランドとして造られている「じゃんげ」シリーズ。

その中でもインパクトの強い一本です。

f:id:kimama2016:20181004083842j:image

蔵の裏手に「じゃんげ(蛇逃)の滝」と呼ばれる伝説の滝があります。

地域の豊かな自然と歴史を象徴するものとして、このお酒に名付けました。

f:id:kimama2016:20181004084948j:plain

「じゃんげ」の「ん」が「蛇」のデザインですね。

f:id:kimama2016:20181004083856j:image


f:id:kimama2016:20181004083912j:image

新潟産の米を100%使用。

精米歩合65%。

アル添のお酒です。

日本酒度+10、酸度1.4。(目標値)

アルコール度数は20~21度。

熟成させた原酒を生詰(瓶詰の時に火入れしない)したお酒です。

 

テイスティングして見ます。

香りはほとんど感じない。

口当たりはスムーズだが、どっしりと重い。

優しさが全く感じられない。

酒感がどストレートに喉に来る。

 

例えて言うならば…、

大坂なおみの200kmサーブが喉に突き刺さるような…。

失礼。

それは言い過ぎとしても、容赦のない酒感が襲いかかってきます。

 

そのまま飲むと、ちょっとしんどい。疲れます。

 

「ロックでも」と酒屋が言ってたので、やってみます。

酒感はちょうどいいくらいだが、温度が下がる分、味はさらに感じづらくなる。

それにロックで飲むなら、わざわざ日本酒を飲まなくても…。

芋焼酎でいいだろう、と思ってしまいます。

 

・・・・・

 

酒屋に勧められて仕入れたのだが…、

このお酒のコンセプトはどこにあるのだろう?

どんな飲み手をイメージしているのだろう?

単にインパクトを強めた「イロモノ」なのだろうか?

ちょっと疑問に感じる一本です。

 

これを好んで飲むのは「ドM」の人だけではないか?

自分は「M」ではないので、ちょっとしんどい。

厳しくされるとヘコみます。

もっと優しくされたいです。

石田ゆり子さんに「お疲れさま」って言って欲しいタイプです。

 

…失礼。また暴走が…。

 

・・・・・

 

辛辣なことを書きましたが、この蔵全体のイメージではありません。

他の「想天坊」「じゃんげ」も飲んでみたいところですね。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。