K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『ロング・アイランド・アイスティー』紅茶を使わず、紅茶のビジュアルとテイストを実現。

K’s MENU Note

FILE 308

『Long Island Ice Tea』

 

あぁ暑い。

今日も暑い。

きっと明日も明後日も暑いのだろう。

せめて夏らしいカクテルを飲んで気を紛らわせたい。

 

「ロング・アイランド・アイスティー

紅茶を一切使わずに、味と見た目を紅茶っぽく仕上げたカクテルだ。

 

【スタンダードな処方】

クラッシュアイスで満たしたグラスに注ぐ。

レモンなどを飾り、ストローを挿す。

 

使うのはこちら。 

f:id:kimama2016:20190722105718j:plain

作ってみた。

f:id:kimama2016:20190722105814j:plain

f:id:kimama2016:20190722105835j:plain

飲んでみる。

個人的には甘みが足りない。

そしてテキーラの主張が強すぎる。

コーラを60m~75mllにすると、甘みが増しテキーラ感が薄まる。

確かにアイスティーらしき味にはなるが、決してアイスティーではない。

私が未熟なせいだろうか?

f:id:kimama2016:20190722105854j:plain

このカクテルは、ニューヨーク州東部のロングアイランドで誕生した。

それにしても、どんなきっかけで作ったのだろう。

想像してみる…。

 

昔々、ひとりのバーテンダーが考えた。

カクテル作りに欠かせない4大ホワイトスピリッツ。

ジン、ウオッカ、ラム、テキーラ

「混ぜて飲んだらどんな味になるの?」

 

やってみたが、残念ながら美味しくなかった。

折角だから美味しくしたい。

「甘みのあるキュラソーも混ぜてみるか」

甘みは増したが、アルコールが強くて飲みづらい。

「コーラで割ってみるか」

おぉ、なかなか美味しくなった。

でも、ちょっと甘すぎたか。

「レモンを絞ってみよう」

おっ、いける。

あれっ??紅茶になった??

 

そんな偶然の産物な気がするのだが…。

(あくまで想像で、真相は不明)

 

・・・・・

 

ロングアイランド…。

どこまでも続く真っ白なビーチ。

降り注ぐ太陽。

打ち寄せる波。

吹き抜ける潮風。

ビーチベッドで傾けるグラス。

そんな画が似合うカクテルだ。

 

 

大磯ロングビーチが頭に浮かぶのは昭和世代だけだろうか?