K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『アランモルト』アラン島唯一の蒸留所が造る、自然な味わいのウイスキー。

K’s MENU Note

FILE 172

『The Arran Malt 10』

 

先日、お店の冷凍冷蔵庫が不調になり、代替として中古品を購入。 

6月4日に搬入しましたが、想定外のことが多く、いまだに落ち着きません。

自分でやろうとすると、何かと大変です。

お金を払って業者に丸投げしてしまった方が楽なのですが…。

それは自分の性に合いません。

もうひと踏ん張り、といった所です。

 

今夜(昨夜)はシングルモルトでも味わって…。

ゆっくり眠りにつくとしよう。

アランモルト10年

f:id:kimama2016:20180607083433j:plain

どんなお酒か?

アラン蒸留所は、スコットランドアラン島にある、唯一の蒸留所。

1995年に操業開始。まだ歴史の浅い蒸留所です。

 

この蒸留所は独立資本で、ブレンド用ではなく、シングルモルトとして味わうためのウイスキーをメインに造っている、数少ない蒸留所のひとつです。

最近はやたらと大手資本が入ってきて、本来の良さが失われてしまっている所が多いです。

こういう蒸留所はぜひ応援したいものです。

f:id:kimama2016:20180607092132j:plain

アラン島の一風景。

 

そして今回味わうのは10年熟成もの。

冷却ろ過、カラーリングをせずに、自然な状態でボトリング。

f:id:kimama2016:20180607083623j:plain

隣にあった「ジュラ」と比べると…。

確かに色合いは薄めですね。

アルコール度数は46%。

 

テイスティングして見ます。 

立ち上がる香りは強めです。

ちょっとフルーティーで、ツンと来る香りがします。

口に含むと…、

甘みをまず感じます。

メイプル?シュガー?優しい甘さ。

鼻に抜けるフルーティーな香り。

 

酒質は軽く感じますね。

全体的にちょっと若い印象があります。

もっと成熟して落ち着いて来ると、さらに味わい深くなる気がします。

しかし、これはこれで、このフレッシュさを楽しめば良いと思います。

 

加水すると…、

味も香りも落ち着くのですが…、

このモルトの持ついきいきとしたフレッシュさが失われてしまうようで、ちょっともったいない気がします。

 

余談ですが…。

このお酒のラベルを見ると、いつもあるものを連想してしまいます。

 

f:id:kimama2016:20180607085658p:plain

 

メジャーリーグの「オークランド・アスレチックス」です。

かつて松井秀喜さんも在籍していました。

 

f:id:kimama2016:20180607083509j:plain

「A」の感じといい、色合いといい、イメージが重なります。

「アスレチックスの背番号10」みたいな…。

ただそれだけのことですが…(苦笑)

 

ちなみに、アスレチックス。

マリナーズエンゼルスと同じアメリカンリーグ西地区で、現在31勝30敗の4位。

そして10番は、マーカス・セミエンという内野手だそうです。

まぁ、どうでもいいことですが…(汗)

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【あす楽】 アラン モルト 10年 46度 円筒箱付 700ml 並行
価格:3589円(税込、送料別) (2019/2/11時点)