K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『アランモルト』アラン島唯一の蒸留所が造るモルト。

店の冷凍冷蔵庫が壊れて中古品を買った。

6月4日に搬入したが、想定外のことが多くいまだ落ち着かない。

自分でやると何かと大変だ。

業者に丸投げすれば楽だが、それは自分の性に合わん。

もうひと踏ん張り、といった所か。

 

今夜はSingle Maltでも味わって…

ゆっくり眠りにつくとしよう。

f:id:kimama2016:20191105141805j:plain

アラン蒸留所は、Scotlandのアラン島にある唯一の蒸留所。

1995年創業と、まだ歴史は浅い。

 

独立資本の蒸留所で、ブレンド用ではなくSingle Maltとして味わうためのWhiskyをメインに造っている。

最近はやたらと大手資本が入ってきて、本来の良さが失われている所が多い。

こういう蒸留所はぜひ応援したいものだ。

f:id:kimama2016:20180607092132j:plain

アラン島の一風景。

 

そして今回味わうのは10年熟成もの。

冷却ろ過、カラーリングをせずに、自然な状態でボトリング。

確かに色合いは薄め。

アルコール度数は46%。

f:id:kimama2016:20191105141857j:plain

立ち上がる香りは強め。

ちょっとフルーティで、ツンと来る香り。

口に含むと…

まず甘みが広がる。

メイプル?シュガー?優しい甘さ。

鼻に抜けるフルーティな香り。

 

酒質は軽く感じる。

全体的にちょっと若い印象か。

もっと熟成して落ち着いて来ると、さらに味わい深くなりそう。

しかし、これはこれで、このフレッシュさを楽しめば良いだろう。

 

加水すると味も香りも落ち着くが…

このMaltの持つ、いきいきとしたフレッシュさが失われてしまう。

ちょっともったいないナ。

f:id:kimama2016:20191105142206j:plain

余談をひとつ。

このお酒のラベルを見ると、いつもあるものを連想する。 

f:id:kimama2016:20180607085658p:plain

MLBの「オークランド・アスレチックス

「A」の感じといい、色合いといい、イメージが重なる。

「アスレチックスの背番号10」みたいな…。

 

ちなみに10番は Marcus Semien という選手。

まぁ、どうでもいいことだ。

 

※(追記)ボトルがリニューアルされたため、アスレチックス感は消えた(汗)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アラン モルト 10年 700ml 46度 [並行輸入品]
価格:5749円(税込、送料別) (2022/10/7時点)