K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

GLENFARCLAS105

プロ野球も後半戦がスタート。

それにしてもこの時期にオリックスが首位にいるなんて、全くもって信じがたい。

ファンとしてもどうしていいのか分からずあたふたした。

しかし五輪で休止している間に、少し冷静になれた気がする。 

 

さて、今回は最近お気に入りのHigh Ballを紹介する。

f:id:kimama2016:20210730120445j:plain

スペイサイドのMalt「Glenfarclas」

そのCask Strength(樽出し原酒)で、アルコール度数は60%。

ファークラスの旨みを凝縮した一本。

kimama2016.hatenablog.jp

f:id:kimama2016:20210730120502j:plain

今回も【 Whisky 30ml : Soda 90ml 】で。

度数が高いのでちょうど良いのではないか。

f:id:kimama2016:20210730120518j:plain

しっかりした味わい。

この処方でアルコール度数は約20%。

氷が溶ける前だとやや強めか。

 

炭酸で割っても、味わいは失われない。

ファークラス特有のシェリー感も残る。

氷が溶けても大丈夫。

むしろ度数が15%位になって旨みが引き立つ。

 

度数の高いCask StrengthはHigh Ballに適する。

テイストがぼやけることなく、最後までおいしく飲める。

f:id:kimama2016:20210730120546j:plain

・・・・・ 

冷静に見ると、オリックスはチームとしてまだまだ発展途上にある。

確かに吉田正尚、山本由伸という中心選手はいるが

全体に若手が多く、2~3年後に完成するチームだろう。

中嶋監督には今の育成方針を貫いて頂きたいのだ。

(変な補強とかしないでねーw)

 

それにしてもやっと光が見えてきた。

長かった不遇の時代はようやく終わりを告げる(に違いない)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

グレンファークラス 105 1000ml 60度
価格:4936円(税込、送料別) (2022/4/15時点)